www.eccoluce.com

-

-

愛車を買い取ってもらう時、そして車両の売却のさいも印鑑証明という書類がなければなりません。この印鑑証明という書類について説明しましょう。印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として効力を持つという事実を保証する目的の公式な書類です。これがないのであれば、使っている印鑑が実印であることが保証できません。個人にとっては相当高額な売買になる愛車の買取なので必然的に実印が必要ですが、その際にこの印鑑証明も要るのです。印鑑証明書をつくるには、あらかじめ印鑑証明の手続きをする必要があります。書類に登録する印は実印といい、世界で唯一のはんこであることが条件です。この実印を持って、市役所などの案内係へいけば、すぐに印鑑登録できます。手続きが済むと印鑑登録カードというものが交付され、印鑑登録をした印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などで、専用の用紙に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。それから、自動交付機で印鑑証明書を交付する事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限などはないのです。ですから、いつ取得した印鑑証明であっても効力はあることになります。しかしながら、クルマ売却の際は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類とされています。基本的には有効期限を気にする必要はないのですが自動車の売却の際には、相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので、もしも車両の買取予定の車があるのであれば買い取り前に用意しておくとよいでしょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.eccoluce.com All Rights Reserved.