違い免責不許可となる条件

-

-

民事再生という手段は住宅ローンを含む複数の債務に苦しめられている方を対象とした住居を維持しつつも経済的に再建するための公の機関を通した債務の整理の手順としてスタートした解決策です。ハーブガーデンシャンプー

民事再生制度には、破産宣告とは違い免責不許可となる条件はないために浪費などで借金がふくらんだようなときでもこの手続きは選択可能ですし、破産申告が理由で業務の停止になる可能性のある立場で仕事をされているような人でも制度の活用が行えます。

破産の場合にはマンションを残すことは許されませんし、他の債務処理方法では、借金の元金は払っていくことが求められますので住宅ローン等も返しながら返済を続けるのは実際問題として簡単なことではないでしょう。

といっても、民事再生を選ぶことができれば、住宅ローンなどを別とした負債は少なくない金額を削減することが可能ですので、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを払いながら残りの借り入れ分を支払っていくようなこともできるといえます。

でも、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停などと違って特定の借金だけを切り取って手続きをすることは考えられませんし、破産宣告においてのように債務それそのものなくなるのでもありません。

それに、他の処理と比較して手順が複雑で時間もかかりますのでマンション等のローンがあり住宅を手放せない場合など以外の、破産申請のようなその他の解決策がない場合だけの限定的な処理と考えるのがいいと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.eccoluce.com All Rights Reserved.