住んでいる家を維持したままで経済面で再建

-

-

民事再生による解決はマンション等のローンを含めた複数ある債務に悩む方を対象として、住んでいる家を維持したままで経済面で再建するための法的機関による債務整理の手段として平成12年11月に適用されるようになった法律です。水着 露出少ない

自己破産制度とは違って免責不許可となる要件はないので投機などで借りた場合においてもこの方法は選択可能ですし破産宣告をしてしまうと業務が不可能になってしまう業種で生計を立てている方でも民事再生は可能になります。キレイモ静岡店

破産の場合だと、住んでいる家を対象外にすることは不可能ですし任意整理と特定調停では、借金の元金は支払っていく必要がありますので、住宅ローンなども支払いながら支払うのは実際問題として難しいと思われます。岩元 おせち 予約

ですが、民事再生による処理を取れれば、住宅のローンを除く負債については多くの金額を削減することも可能ですので余裕をもって住宅ローン等を続けながらローンを払っていくこともできるといえます。税理士 大阪府 

とはいえ、民事再生は任意整理または特定調停といった手続きとは違って一部の債務だけを省いて処理を行うことは無理ですし、破産申告の際のように借り入れ金そのものが帳消しになるのではありません。

さらには、これ以外の方法と比べても手続きの手順がこみいっていて時間もかかりますので住宅ローンを組んでいて住んでいるマンションを手放せないような状況等を除き、自己破産などのその他の整理方法がない場合の最終的な手段と考えるのがいいと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.eccoluce.com All Rights Reserved.